エアコンを使ってCO2をとりこみ、燃料に変換する装置

[発案者] 蓑田 竜也さん (熊本高等専門学校 1年) [熊本県]

アイデアの特長や
アピールポイント

エアコンを改良するため、人間は今まで通り使用しながら二酸化炭素をどんどん減らしていくことができます。

アイデアのびっくりポイント

エアコンが空気中の水と二酸化炭素を使って燃料を合成するところです。そして、今の生活を大きく変えることなく、地球温暖化を止めることができます。

このアイデアが実現したら?

ビルや家などのたくさんのエネルギーを使うところの二酸化炭素排出量が実質0になります。

審査員からの講評

これが実現できれば、とても画期的ですね!家庭やオフィス、施設など、エアコンは各部屋に1台と言っていいほどに設置してあります。それがCO2を燃料に変換装置になれば貢献度は莫大!

コンテスト結果へ戻る